• 営業時間:月~金 8:00~17:00 土 8:00~12:00
  • 定休日:日・祝日
コンテンツ

「さつまいも」のルーツ

江戸時代に普及した「さつまいも」

さつまいもは何度か日本へ持ち込まれた歴史があるそうですが、薩摩(鹿児島)に伝わったことがきっかけで日本全土に普及していきました。

歴史は江戸時代の元禄11年(1698年)に遡ります。当時種子島では天候の影響で作物が被害を受け、貧困に悩む人々が大勢いました。ちょうどその頃第19代島主:種子島久基は琉球で栽培されている甘藷のうわさを耳にし、琉球王国王・尚貞(第二尚氏王統11代)に、島民のために甘藷(かんしょ:当時のサツマイモの呼称)を送ってほしいとお願いしました。 琉球国王は快くその願いを聞き入れ、一篭の甘藷を久基のもとへ送り届けてくれました。

種子島久基は家老の西村時乗に島の貧しい人々の救済事業として農民を選び甘藷を急ぎ栽培させるようにと命じました。そこで西村時乗は農民の中で最も信頼を置く大瀬休左衛門に甘藷の試植を命じました。

大瀬休左衛門は種いもを土に埋めたり、芋づるを地中にさしてみたりと様々な方法を試みました。その結果、さつまいもの栽培に成功し、種子島では主食作物として多くの人に栽培されるようになりました。その後、薩摩藩を通じて九州に持ち込まれ、8代将軍徳川吉宗の命を受けた青木昆陽がさつまいもの栽培を成功させることにより、日本全土にさつまいもの栽培が普及し、日本人にとって身近な食物になりました。

甘藷が中国から琉球に伝わり、琉球を経て種子島にもたらされたということで、当時中国のことを「唐の国」と呼んでいたことから、現在に至っても甘藷は鹿児島で「からいも」と呼ばれています。